大竹しのぶと明石家さんまの息子と娘は?若い頃から演技は?性格は?

スポンサーリンク


それでは、さっそく大竹しのぶさんについて紹介していきたいと思います!
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-9-24_No-00
 

息子について!

 
大物女優として有名な大竹しのぶさん、「緑の歯磨き、ディープクリーン」というCMもよく見ています!
 
 
 
大竹しのぶさんは、1973年にフォーリーブスの北公次さん主演ドラマ「ボクは女学生」で北さんの相手役としてデビューしました(^◇^)
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-9-33_No-00
 
そして、朝の連続テレビ小説「水色の時」のヒロイン、映画「青春の門」のヒロインをやり、注目されました(^◇^)
 
 
 
大物女優の誕生だったんですね(^◇^)
 
 
 
NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で豊臣秀吉の嫁の役、おねを演じた大竹さんが印象に残っていますね(^_-)-☆
 
 
 
その大竹さんは息子とがいることは有名ですね!
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-10-3_No-00
 
息子さんは、前夫の服部晴治さんとのあいだにできた子供で、服部さんは息子さんが2歳の時にこの世を去っています(T_T)/~~~
 
 
 
そして、さんは再婚した明石家さんまさんとの間にできたIMALUさんですよね!
 
 
 
のIMARUさんも親と同様に芸能界で活躍されていますよね(∩´∀`)∩
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-10-33_No-00
 
息子さんは、慶應義塾大学を卒業し、今は大竹さんとIMALUさんのマネジメントをしているそうです(^_-)-☆
 

明石家さんまさんについて!

 
大竹しのぶさんと明石家さんまさんが結婚したのは1988年のことでした!
 
 
 
明石家さんまさんは、大竹さんの息子さんを娘以上に大切に育てているとのこと、感心しますね!
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-10-18_No-00
 
でも明石家さんまさんとも1992年に離婚しています!
 
 
 
現在も息子と娘は、大竹さんが親権を持っていますが、明石家さんまさんとはよく連絡をとり食事などをいっしょにしているとのことですから、仲良くやっておられるようです(^_-)-☆
 
スポンサーリンク
 

次に若い頃について!

 
大竹しのぶさんの若い頃はどんなだったのでしょうか?
 
 
 
画像を調べてみると、やはりすごくかわいくて美人ですね(^_-)-☆
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-11-15_No-00
 
若い頃から美少女だったんですね!
 
 
 
今でもすごくきれいな人だと思います。
 
 
 
ショートカットがよく似合っていてうらやましいですね!
 
 
 
ショートカットが似合うということはとっても顔が小さくてスタイルが良いということですね(∩´∀`)∩
 
 
 
アラフィフ世代に大竹さんの髪型をまねしたいという人が大勢いるそうですよ(^_-)-☆
 
 
 
私も真似してみたいけど・・・・・顔がでかくて無理ですね。笑
 

次に演技について!

 
演技のうまい女優というとまず出てくるのが、大竹しのぶさんです!!
 
 
 
ドラマでの二重人格の演技は絶賛されていますね!
 
 
 
その演技力で、紫綬褒章や数々の日本アカデミー賞の主演女優賞や助演女優賞を受賞しています(^_-)-☆
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-11-39_No-00
 
ドラマや映画だけでなく、舞台もすごいですね!!
 
 
 
演技中には、本物の涙を流すんだそうですから!!
 

最後に性格について!

 
大竹しのぶさんの性格ってどんななのでしょうか?
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-11-55_No-00
 
どんな時もおっとりしている性格のような感じですよね(^_-)-☆
 
 
 
でもそれは、演技なのだそうで、実は会話も立て板に水の勢いなのだそうです!
 
 
 
そして頭の回転がよくて、機転が利くとのこと、やはり大物女優といわれるだけのことはありますね!!
 
SnapCrab_NoName_2016-4-3_23-12-14_No-00
 
そして、これと思った男の人は手に入れる性格だというんです(‘_’)
 
 
 
これは本当かどうかはわかりませんが、「魔性の女」なんていわれているのもそんな感じの性格のことを指しているのでしょうか?
 
 
 
ますます好調の大竹しのぶさんです!
 
 
 
これからも活躍を期待しています(^_-)-☆
 

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ